3LC合同例会

2019年2月20日(水)仙台広瀬LC第1190回例会・仙台瑞鳳LC第909回・仙台シティLC第675回・仙台わかば支部第112回例会が開催されました。今回の主催は瑞鳳LCで、式次第をはじめ準備を担当クラブに頑張っていただき感謝です。
会長挨拶は、初めに、広瀬LC後藤会長Lから『この3クラブ+1支部で一堂に会するのは、1年半前の澁谷ZCの訪問例会以来ですので、それぞれのクラブの代表的なアクトとコメントを各会長にはお願いして、情報共有とそれぞれの参考にしながら有意義な時間としたいと思います。』と、年2回開催の盲導犬育成募金の様子や、児童養護施設小百合園BBQアクトなど子供達の表情が劇的に変化し、我々も応援することで逆に元気を貰った貴重な体験をシェアしました。引き続き、各LC会長Lからも『こんな活動をしています』と、皆がユニークに語ってくれて大変参考になりました。
ゲストスピーチでは、『東北に大衆芸能を広める! 花座設立までの歩み』と題して、魅知国定席・花座を昨年度オープンされ破竹の勢いの㈱BBI白津社長にお越し頂き、ユニーク且つ貴重なお話を伺うことが出来ました。その熱意とバックグラウンド、また白津社長の熱意に打たれた東京の応援団、大名人の方々が惜しみなく協力してくれるに至ったストーリとその人生を賭けたドラマ、寄席文化を毎日開催している『定席』へと進化させ、集客も大変だと思いますが日替わりで新鮮なネタを披露し、落語だけでなく若い漫才芸人も入れながらの、杜の都仙台の新しい粋な文化スポットを造られたことに、聴講しておりました各ライオンも大きな感動を覚えてくれたようです。
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2019年9月4日