金沢兼六ライオンズクラブ訪問

2018年11月5~6日、仙台広瀬LCの8名が44年間の長きにわたり姉妹クラブとして交流を続けている『金沢兼六ライオンズクラブ』を訪問。後藤会長Lをはじめ新執行部2役と計画委員長、そして来年度CN50周年に向け中沢大会会長、生出実行委員長も参加しました。6日に行われた例会は、『ホテル金沢』にて大勢の出席の下行われ、ご紹介頂いた仙台広瀬LCを代表して、後藤会長Lが挨拶、「これまでの両クラブの歴史とともに『震災直後被災地視察に来られた際の激励を伝え聞いておりますが、その姉妹クラブの温かさが私どもの背中を押し元気づけて頂いたことにあらためて感謝申し上げます』と深謝すると盛大な拍手が!近年のアクト含め画像のダイジェストを披露し、話を来年度のCN50周年に繋げます。中沢CN50周年記念大会会長Lの登壇と挨拶、航空機材手配の遅れから直前に到着した生出実行委員長からも是非一言!とテーマ西野Lに促され、新入会セレモニーもある忙しい例会の中で貴重なお時間を頂くことが出来ました。記念撮影の後、感謝と笑顔の閉会となりました。金沢での素敵な思い出と親睦友好の感触、まずは行動をチカラとする新生広瀬の確かな歩みがまた一歩.北陸新幹線で最短3時間で結ばれ近くなった金沢と仙台。ともに城下町文化を大切にしながら来年度は節目の年、金沢兼六LC55周年&仙台広瀬LCLC50周年を成功に導きましょう!手を携えながらWe Serve、Woo!!

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2019年7月23日